業務のご案内【古物商】

『古物』とは、一度使用した物、あるいは使用されていない物でも使用目的のために取り引きされた物のことをいいます。
この古物を売買交換する、または他者から委託されて売買交換するためには古物営業の許可が必要です。
「古物」には、美術工芸品、骨董品から金券チケット、中古車等が含まれます。
リサイクルショップ、中古車販売店、古本、古着屋等の事業を始めるのは古物営業の許可が必要です。ぜひ行政書士にご相談ください。

 


PAGE TOP